■管理人について
・管理人の昔話1
・141020 幻視
・141028 浅間山・草津白根山から皆神山へ
・180709 ソーラーパネルと夢見
・180721 カジノ法案と日月神示
・180725 日月神示とその続編やらなんやら
・180725 上から下から読みまくれ!
・180725 日月神示と移民
・180917 日月神示と出会いと人生の変化
・180917 慢心は徹底的に折られる
・180917 この道に入ると人生は地獄になる
■時節
・141011 日月神示と御嶽山噴火
・141011 エボラと日月神示
・141123 皆神山と長野地震
・20150529 口永良部島噴火と御嶽山
・180708 大本教と出口と麻原彰晃
・180709 大雨と泥海と今回の洪水と管理人と原発について
・180915 海洋プラスチック汚染について
・180915 スーパーボランティア尾畠春夫さん
・180917 北からくぞと北海道胆振東部地震
・180917 日月神示と登山と三前年前
・180917 悪はもう隠れる所が無くなった
・180921 大峠の時期の推測
■神示の実践編
・肉食はしない
・朝夕の礼拝を欠かさずに
・低級霊との戦い
・菜食の危険性
・瞑想の方法
・神気を身体に入れる方法
・神懸かりを維持する事の困難さ
・額の目で見る
・お金について
・病気について
・180922 ひふみ神示と肉食と菜食
■上つ巻
・第一帖(一)
・第二帖 (二)
・第三帖 (三)
・第四帖 (四)
・第五帖 (五)
・第六帖 (六)
・第七帖 (七)
・第八帖 (八)
・第九帖 (九)
・第十帖 (一〇)
・第十一帖 (一一)
・第十二帖 (一二)
・第十三帖 (一三)
・第十四帖 (一四)
・第十五帖 (一五)
・第十六帖 (一六)
・第十七帖 (一七)
・第十八帖 (一八)
・第十九帖 (一九)
・第二十帖 (二〇)
・第二十一帖 (二一)
・第二十二帖 (二二)
・第二十三帖 (二三)
・第二十四帖 (二四)
・第二十五帖 (二五)
・第二十六帖 (二六)
・第二十七帖 (二七)
・第二十八帖 (二八)
・第二十九帖 (二九)
・第三十帖 (三〇)
・第三十一帖 (三一)
■知識編
・日月神示と日ユ同祖論1
・日月神示と日ユ同祖論2
・備蓄について
・霊媒体質について
・サバイバルについて
・サバイバル動画
・日月神示と併せて読んでおくべき書物
■辞書
・六ヶ敷い
・洗濯
・大峠
・卍も一十も
・東京
・岩戸
・神の世
・理屈

日月の道〜ひふみ神示〜

180917 この道に入ると人生は地獄になる

何かの縁があってこのサイトに来てくれた人。
正直に言います。
「この道に入ると、人生は地獄になります」

私は元々ADHDな上に学習障害を背負っていて、転職を繰り返し、嫁さん子供もなく、友人も少なく、まともな人生は送って来ていません。
まぁ恐らくこの道に出会っていなくても、人生は地獄だったような気がしますが(笑

>●アメの巻 第十二帖(三四六)
>人に云ふてもらっての改心では役に立たんぞ、我と心から改心致されよ、我でやらうと思ってもやれないのざぞ、それでも我でやって鼻ポキンポキンか、さうならねば人民得心出来んから やりたい者はやって見るのもよいぞ、やって見て得心改心致されよ、今度は鬼でも蛇(ぢゃ)でも改心さすのであるぞ。

>●んↀの巻 第二十帖(四四七)
>よくもまあ鼻高ばかりになったものぢゃなあ、四足(よつあし)と天狗ばかりぢゃ、まあまあやりたいだけやりて見なされ、神は何もかもみな調べぬいて仕組みてあるのぢゃから、性来だけの事しか出来んから、愈々となりて神にすがらなならんと云ふ事判りたら、今度こそはまこと神にすがれよ、今度 神にすがること出来んなれば万劫末代 浮ばれんぞ。したいことをやりて見て得心行く迄やりて見て改心早う結構ぞ。ミロクの世のやり方 型出して下されよ、一人でも二人でもよいぞ、足場早うつくれと申してある事忘れたのか。尾振る犬を打つ人民あるまいがな、ついて来る人民殺す神はないぞ、ミロク様が月の大神様。十二月四日、一二 。

上の二帖にあるように、「自分のやりたいように、自分の判断でやってみればいい。だけど神の道にそぐわないような事は末にはダメになるぞ」と書いてあります。
私の人生がまさにこれで、神示を読みながら必死にやっていた時期は良く、自分の判断で学や知恵に頼ってやった事は結局は破滅に向かっていきました。

そもそも私は大変に頭が悪く、記憶力も無い。
そのような人間が、学や知恵で他人に勝てるはずも無く・・・。

私は無い頭を振り絞り、5000時間ほど必死に一つの資格取得に打ち込みました。
結果、その資格には合格できたのですが、私は慢心してしまったんですね。
かなりレベルの高い会社に転職できて有頂天だったのですが、そこは「学や知恵」を極めた人達の集まりであった。
当然、人間として基本的なスペックが足りていない私はおちこぼれ、結果退職勧告を受けて今に至るというわけです。

そして私は色々と反省し、結局は神様の元に帰ってくるしかないのだな・・・と40才になりしみじみと分かってしまった。
なので、今まではあまり日月神示や大本教について語ることは無かったのですが、ぽつりぽつり、と語り始めたという訳です。

>●キの巻 第七帖(二六四)
>後から来た守護神 先になるから、今の役員さうならん様に神示で知らしてあるのざから、よく裏の裏まで読んで肚に入れて、何一つ分らん事ない様にして呉れよ、今に恥づかしい事になるぞ。元の大和魂の誠の身魂揃ふたら、人は沢山なくても この仕組成就するのざと申してあろが、末代動かぬ世の元の礎きづくのざから、キマリつけるのざから、気つけおくぞ。キが元と申してあろがな、上は上の行、中は中、下は下の行ひ、作法あるのざぞ、マゼコゼにしてはならんぞ、この中からキチリキチリと礼儀正しくせよ。三月十一日、ひつ九の神。

上の帖にあるように、「後から来た人が先になる」というのは事実でしょう。
私は20年も前に出会わせて頂きながら、結局は神示にあることを信じ切れず、自分自身の判断で金や学や知恵を追い、結果として人生を壊してしまった。
今の人は、インターネットが広まり、日月神示に関係するような多くの情報を早い段階で得ることができる。
私の時のようにネットも広まっていない、神示のサイトなんて皆無な時代とは違う・・・うらやましい事ですよ。

私の時は、書物の裏にある日月神示に関係する場所に電話をかけ、「神示は出せません」という係の方に何度も何度もお願いして、ようやく神示を分けて頂いたんですよ。
今はインターネットで全文見れますし、解説サイトも山ほどある。
大変に恵まれている環境なんです。

私は正直落第ですが、後から来た方々は恐らく、この道を開いてくれると信じています。
是非頑張ってください。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[180917 この道に入ると人生は地獄になる−>a]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
管理人について
時節
神示の実践編
上つ巻
知識編
辞書



Copyright (c) 2004-2018 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。