■管理人について
・管理人の昔話1
・141020 幻視
・141028 浅間山・草津白根山から皆神山へ
・180709 ソーラーパネルと夢見
・180721 カジノ法案と日月神示
・180725 日月神示とその続編やらなんやら
・180725 上から下から読みまくれ!
・180725 日月神示と移民
■時節
・141011 日月神示と御嶽山噴火
・141011 エボラと日月神示
・141123 皆神山と長野地震
・20150529 口永良部島噴火と御嶽山
・180708 大本教と出口と麻原彰晃
・180709 大雨と泥海と今回の洪水と管理人と原発について
■神示の実践編
・肉食はしない
・朝夕の礼拝を欠かさずに
・低級霊との戦い
・菜食の危険性
・瞑想の方法
・神気を身体に入れる方法
・神懸かりを維持する事の困難さ
・額の目で見る
・お金について
・病気について
■上つ巻
・第一帖(一)
・第二帖 (二)
・第三帖 (三)
・第四帖 (四)
・第五帖 (五)
・第六帖 (六)
・第七帖 (七)
・第八帖 (八)
・第九帖 (九)
・第十帖 (一〇)
・第十一帖 (一一)
・第十二帖 (一二)
・第十三帖 (一三)
・第十四帖 (一四)
・第十五帖 (一五)
・第十六帖 (一六)
・第十七帖 (一七)
・第十八帖 (一八)
・第十九帖 (一九)
・第二十帖 (二〇)
・第二十一帖 (二一)
・第二十二帖 (二二)
・第二十三帖 (二三)
・第二十四帖 (二四)
・第二十五帖 (二五)
・第二十六帖 (二六)
・第二十七帖 (二七)
・第二十八帖 (二八)
・第二十九帖 (二九)
・第三十帖 (三〇)
・第三十一帖 (三一)
■知識編
・日月神示と日ユ同祖論1
・日月神示と日ユ同祖論2
・備蓄について
・霊媒体質について
■辞書
・六ヶ敷い
・洗濯
・大峠
・卍も一十も
・東京
・岩戸
・神の世
・理屈

日月の道〜ひふみ神示〜

180708 大本教と出口と麻原彰晃

日月神示を語る上で、大本教については切っても切り離せない関係にありますね。

概要ははしょりますが、大本教には「大本教に起きたことは日本におき、日本に起きたことは世界に起きる」とされています。

第一次大本教が1921年
第二次大本教が1935年
と14年の歳月が間にあります。
それぞれの内容については他のサイトが詳しいのでそちらを参考に。
簡単に書くと第一次大本教の宗教弾圧はそれはそれで厳しかったのですが、第二次大本教の宗教弾圧は第一次とは比べものにならないほど酷く、「大本教の痕跡を世の中に残さないように」とされる程の徹底ぶりだったようです。

第一次大本教の雛形が日本に起きたのが第二次世界大戦で、世界は戦火に包まれました。
第二次大本教の雛形はまだ起きていませんでしたが、大本教の雛形はオウム真理教に受け継がれている、という説があります。

オウム真理教の地下鉄サリンが1995年に起き、その後の宗教弾圧が相当なものだったのは皆さん覚えておられると思います。
これを第一次大本教の雛形の現れととらえ、今回麻原彰晃らが死刑になった2018年を第二次大本教の雛形の現れ
ととらえると仮定します。



第一次大本事件(1921年)→第2次世界大戦(1941年) 年差:21年
第二次大本事件(1935年)→???????     ※まだ日本に起きていない

オウムサリン(1995年)→オウム解体(2015年)   年差:20年←意図的にこの年に解体した?
オウム 死刑(2018年)→???????


2020年に「子の歳」が来ることを考え、日月神示にある「前後10年が正念場」とあることを考えると、2010年〜2030年が日本の立て替え、それに伴い世界の立て替えも追って始まるという考えだと思っています。

2011年にはあの東日本大震災が起きましたが、あれが日本の人民に対する「合図」であった事は、関係者の目には明らかでしょう。

今回、いよいよ節目の2020年を迎えるにあたり、恐らくは第二次大本事件の雛形の現れであるオウム麻原彰晃らの死刑が執行された。
これを合図として、移行十数年にわたる「日本の立て替え」が起きるとするならば、覚悟しなければならない時期が来たという事になると思います。

私は仕事の都合で現在栃木件にいますが、奇妙な縁で岐阜の山奥の人里離れた地の仕事に就く事になりました。
これもなにかの縁。
「江戸」から離れる事になったのも、神の導きなのかなと思っています。

皆さん、どうかお気を付けて。





<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[180708 大本教と出口と麻原彰晃−>b]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
管理人について
時節
神示の実践編
上つ巻
知識編
辞書



Copyright (c) 2004-2018 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。