■管理人について
・管理人の昔話1
・141020 幻視
・141028 浅間山・草津白根山から皆神山へ
■時節
・141011 日月神示と御嶽山噴火
・141011 エボラと日月神示
・141123 皆神山と長野地震
・20150529 口永良部島噴火と御嶽山
■神示の実践編
・肉食はしない
・朝夕の礼拝を欠かさずに
・低級霊との戦い
・菜食の危険性
・瞑想の方法
・神気を身体に入れる方法
・神懸かりを維持する事の困難さ
・額の目で見る
・お金について
・病気について
■上つ巻
・第一帖(一)
・第二帖 (二)
・第三帖 (三)
・第四帖 (四)
・第五帖 (五)
・第六帖 (六)
・第七帖 (七)
・第八帖 (八)
・第九帖 (九)
・第十帖 (一〇)
・第十一帖 (一一)
・第十二帖 (一二)
・第十三帖 (一三)
・第十四帖 (一四)
・第十五帖 (一五)
・第十六帖 (一六)
・第十七帖 (一七)
・第十八帖 (一八)
・第十九帖 (一九)
・第二十帖 (二〇)
・第二十一帖 (二一)
・第二十二帖 (二二)
・第二十三帖 (二三)
・第二十四帖 (二四)
・第二十五帖 (二五)
・第二十六帖 (二六)
・第二十七帖 (二七)
・第二十八帖 (二八)
・第二十九帖 (二九)
・第三十帖 (三〇)
・第三十一帖 (三一)
■知識編
・日月神示と日ユ同祖論1
・日月神示と日ユ同祖論2
・備蓄について
・霊媒体質について
■辞書
・六ヶ敷い
・洗濯
・大峠
・卍も一十も
・東京
・岩戸
・神の世
・理屈

日月の道〜ひふみ神示〜

病気について

日月神示を読んでいると、次第に病気も治っていくと言います。

日月神示の健康法としては、おおざっぱにあげると、以下の通り。
(肉体面)
・50回以上噛んで食べる(消化をよくする)
・一日二食にする(消化器にかかる負担を軽減する)
・肉食をやめる(肉食は癌の元とも言われる)
・日光浴する(体内でビタミンが生成されるから?)
・へその脈と手首・足首・首などの脈が合っている事を確認(血行が悪いと病になる)

(精神面)
・ひふみ祝詞唱えながら食べる(ひふみ祝詞はヘブライ語で「誰がその麗し女を出だすのやら、いざないにいかなる言葉をかけるやら」という岩戸開きを暗示する歌)
・肉食をやめる(殺された動物の怨念を寄せないため)
・足の裏を綺麗に掃除する(足から神の気が入るため)
・見苦しいことをしない(病のもと)

といったところでしょうか。


[以下は神示健康法の参考帖]
●富士の巻 第十三帖(九三)
この神示よく読みてさへ居れば病気もなくなるぞ、さう云へば今の臣民、そんな馬鹿あるかと申すが よく察して見よ、必ず病も直るぞ、それは病人の心が綺麗になるからぞ、

●天つ巻 第二十九帖(一三六)
この方オホカムツミノ神として書きしらすぞ。病あるかなきかは手廻はして見れば直ぐ分かるぞ、自分の身体中どこでも手届くのざぞ、手届かぬところありたら病のところ直ぐ分るであろうが。
臣民と病は、足、地に着いておらぬからぞ。足 地に着けよ、草木はもとより、犬猫もみなお土に足つけて居ろうがな。三尺上は神界ぞ、お土に足入れよ、青人草と申してあろうがな、草の心に生きねばならぬのざぞ。尻に帆かけてとぶようでは神の御用つとまらんぞ、お土踏まして頂けよ、足を綺麗に掃除しておけよ、足よごれてゐると病になるぞ、足からお土の息がはいるのざぞ、臍(へそ)の緒の様なものざぞよ、

●地つ巻 第九帖(一四六)
ひつくの神にひと時拝せよ、神のめぐみ身にも受けよ、からだ甦るぞ、神の光を着よ、み光をいただけよ、食べよ、神ほど結構なものないぞ、今の臣民 日をいただかぬから病になるのざぞ、神の子は日の子と申してあらうがな。

●地つ巻 第二十三帖(一六〇)
この神示 心で読みて呉れよ、九エたして読みて呉れよ、病も直るぞ、草木もこの神示よみてやれば花咲くのざぞ。

●日の出の巻 第八帖(二二一)
一二三(ひふみ)の食物(たべもの)に病無いと申してあろがな、一二三の食べ方は一二三唱(十七)へながら噛むのざぞ、四十七回噛んでから呑むのざぞ、これが一二三の食べ方頂き方ざぞ。神に供へてから此の一二三の食べ方すれば何んな病でも治るのざぞ、皆の者に広く知らしてやれよ。心の病は一二三唱へる事に依りて治り、肉体の病は四十七回噛む事に依りて治るのざぞ、心も身も分け隔て無いのであるが会得る様に申して聞かしてゐるのざぞ、

●日の出の巻 第十五帖(二二八)
十柱の神様 奥山に祀りて呉れよ、九柱でよいぞ、何れの神々様も世の元からの肉体持たれた生き通しの神様であるぞ、この方合はして十柱となるのざぞ。御神体の石 集めさしてあろがな、篤く祀りて、辛酉(かのととり)の日にお祭りして呉れよ。病あるかないか、災難来るか来ないかは、手届くか届かないかで分ると申してあろがな。届くとは注(そそ)ぐ事ぞ、手首と息と腹の息と首の息と頭の息と足の息と胸の息と臍の息と脊首(せくび)の息と手の息と八所十所の息合ってゐれば病無いのざぞ、災難見ないのざから、毎朝 神拝みてから克く合はしてみよ、合ってゐたら其日には災難無いのざぞ、殊に臍の息一番大切ざぞ、若しも息合ってゐない時には一二三(ひふみ)唱へよ、唱へ唱へて息合ふ迄 祷(ゐの)れよ、何んな難儀も災難も無くしてやるぞ、此の方 意富加牟豆美神(オホカムツミノカミ)であるぞ。

●キの巻 第十二帖(二六九)
みぐるしき霊(たま)には みぐるしきもの写るぞ、それが病の元ぞ、みぐるしき者に、みぐるしきタマあたるぞ、それで早う洗濯掃除と申してくどう気付けておいたのぞ。

●アメの巻 第十四帖(三四八)
松食(お)せよ、松おせば判らん病直るのぢゃぞ、松心となれよ、

●アメの巻 第十七帖(三五一)
神様に御礼申せよ、終りてから神々様のキ頂けよ、キの頂き方 前に知らしてあろがな、何よりの臣民人民の生(いき)の命の糧(かて)であるぞ、病なくなる元の元のキであるぞ、八度繰り返せと申してあろ、

●春の巻 第三十六帖(六九三)
何事に向っても先づ感謝せよ。ありがたいと思へ。始はマネごとでもよいぞ。結構と思へ。幸と思へ。そこに神の力 加はるぞ。道は感謝からぞ。不足申せば不足うつるぞ。心のままとくどう申してあろうが。病気でないと思へ。弥栄と思へ。病治るモト生れるぞ。キがもとぞ。何事くるとも何クソと思へ。神の力 加はるぞ。

●春の巻 第五十六帖(七一三)
行く水にも雲にも咲く花にも神のみ心あるぞ。それ見る目ないからわからんのぢゃ。掃除すれば判る。掃除結構。拝むは拝まんよりはましであるぞ。しかし拝んでばかりでは病気は治らん。金はもうからん。拝むばかりで金もうけ出来たり病気治ったりすると思ふたら間違ひぞ。理(ミチ)にいそしめ。理(ミチ)ゆくところ喜びあるぞ。喜びあるから病気も治るのぢゃ。金も出てくるのぢゃ。おかげあるのぢゃ。

●夏の巻 第九帖(七二六)
ウムと申すことは、自分をよりよく生長さすこと。一つ生めば自分は一段と上に昇る。この道理わかるであろうがな。産むことによって、自分が平面から立体になるのであるぞ。毎日、一生懸命に掃除してゐても、何処かにホコリ残るもんぢゃ。まして掃除せん心にホコリつもってゐること位、誰にでも判ってゐるであろうが。神示で掃除せよ。大病にかかると借金してでも名医にかかるのに、霊的大病は知らん顔でよいのか。信仰を得て霊的に病気を治すのは、一瞬には治らんぞ。奇跡的に治るとみるのは間違ひ。迷信ぞ。時間もいり手数もいる。物も金もいる。大き努力いるのであるぞ。取違ひ多いのう。

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[病気について−>c]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
管理人について
時節
神示の実践編
上つ巻
知識編
辞書



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。