■管理人について
・管理人の昔話1
・141020 幻視
・141028 浅間山・草津白根山から皆神山へ
・180709 ソーラーパネルと夢見
・180721 カジノ法案と日月神示
・180725 日月神示とその続編やらなんやら
・180725 上から下から読みまくれ!
・180725 日月神示と移民
・180917 日月神示と出会いと人生の変化
・180917 慢心は徹底的に折られる
・180917 この道に入ると人生は地獄になる
■時節
・141011 日月神示と御嶽山噴火
・141011 エボラと日月神示
・141123 皆神山と長野地震
・20150529 口永良部島噴火と御嶽山
・180708 大本教と出口と麻原彰晃
・180709 大雨と泥海と今回の洪水と管理人と原発について
・180915 海洋プラスチック汚染について
・180915 スーパーボランティア尾畠春夫さん
・180917 北からくぞと北海道胆振東部地震
・180917 日月神示と登山と三前年前
・180917 悪はもう隠れる所が無くなった
・180921 大峠の時期の推測
■神示の実践編
・肉食はしない
・朝夕の礼拝を欠かさずに
・低級霊との戦い
・菜食の危険性
・瞑想の方法
・神気を身体に入れる方法
・神懸かりを維持する事の困難さ
・額の目で見る
・お金について
・病気について
・180922 ひふみ神示と肉食と菜食
■上つ巻
・第一帖(一)
・第二帖 (二)
・第三帖 (三)
・第四帖 (四)
・第五帖 (五)
・第六帖 (六)
・第七帖 (七)
・第八帖 (八)
・第九帖 (九)
・第十帖 (一〇)
・第十一帖 (一一)
・第十二帖 (一二)
・第十三帖 (一三)
・第十四帖 (一四)
・第十五帖 (一五)
・第十六帖 (一六)
・第十七帖 (一七)
・第十八帖 (一八)
・第十九帖 (一九)
・第二十帖 (二〇)
・第二十一帖 (二一)
・第二十二帖 (二二)
・第二十三帖 (二三)
・第二十四帖 (二四)
・第二十五帖 (二五)
・第二十六帖 (二六)
・第二十七帖 (二七)
・第二十八帖 (二八)
・第二十九帖 (二九)
・第三十帖 (三〇)
・第三十一帖 (三一)
■知識編
・日月神示と日ユ同祖論1
・日月神示と日ユ同祖論2
・備蓄について
・霊媒体質について
・サバイバルについて
・サバイバル動画
・日月神示と併せて読んでおくべき書物
■辞書
・六ヶ敷い
・洗濯
・大峠
・卍も一十も
・東京
・岩戸
・神の世
・理屈

日月の道〜ひふみ神示〜

サバイバルについて

終わりの日を想定したサバイバルの知識について色々と考えていきます。

終わりの日は恐らく、大地震→外国軍の襲来→日本分割統治→富士山噴火(世界大地震)→隕石という流れと予測しています。
私たちが耐えなければならないのは隕石襲来の前までです(隕石がこれば皆一度死ぬでしょう)

その際、原発の爆発など考えられますので、風向きなどよく調べ、「原発の放射能の影響を受けにくい」「海が比較的近い」「水源のある」「雑木林」の場所を平時から十分把握しておく。
これらは一朝一夕には調べることが難しいので、平時から登山を趣味とし、自分で歩いて調べること。

「三千年の昔に返すぞ」とあるように、人類の文明が一気に巻き戻る事が神示には予見されています。
私たちは縄文人・弥生人の生活にヒントを見いださなければなりません。
彼らの生活はサバイバルそのもので、その生態は各地にある博物館で調べることができるので、興味を持って調べましょう。
必ず終わりの日の助けになる知識を得られます。

サバイバル・キャンプに関する動画を平時からyoutubeで見ておく。

・ドングリは食べられる。ただし、アク抜きが必要。アク抜きは長時間川に晒す方法と、灰で煮込む方法があるようだ。
・山芋は食べられる。ただし見つけ方は熟練者じゃないと無理。
・ドングリの中でもシイの実は食べられる。
・キノコ類は食べられるもの・食べられないものの見分け方が難しいので食べない。
・魚をとる方法(釣り・漁・各種仕掛け)を十分把握しておく。
・魚は刺身で食べる他、各種保存方法を把握しておく。醤油でつければ1日程は生で保つ。塩漬け・燻製・干物は長期間保存が可能。
・縄文時代の貝塚があるように、貝は貴重な食料元となる。
・「木の根でも食うておれ」の「木の根」はゴボウの事なので、本当に木の根にかじりつかないように(笑)いや、食える木の根があるのか・・・?
・山での水の確保について考えておく。わき水は直接飲める。川の水は微生物がいるので煮沸する。そのどちらも山が有毒な鉱山の場合不可。地質をよく調べておくことと、普段から登山をし水が豊富な山をあらかじめ調べておく。
・山のわき水の確保の仕方は、山を歩いてしめっている場所を見つけ、少しずつ山を登りながら水源を追っていく。水源にたどり着いたら、その場所をすこし掘り、適当な木の葉を水源の下にうめ、たれてきた水滴をコップで溜めていく。
・食料が豊富な山は雑木林。日本の山はその殆どが針葉樹林なため、身近な雑木林でなおかつ海が近い場所があればベスト。
・狩猟槍や金属を使わない釣り針・石器や土器の知識は重要になる。これらは各地にある博物館で知識を得られる。特に狩猟のために使う罠や槍や弓の形状・構造は十分に頭に叩き込んでおくこと。
・いざとなれば蛙でも芋虫でも食える。がなるべく避けたいので食料の準備重要よね・・・。
・食べられる草を把握する。ただしこれは知識を習得するのに長い年月が必要。簡単なのはタンポポの根(コーヒーになる)・オオバコ・フキノトウ・ワラビ・ゼンマイ・ツクシ等
・薬になる草を把握する。ドクダミは強力な解毒剤で干せばお茶になる、ヨモギは止血作用あり、食べられる。アロエは傷薬として有効。

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[サバイバルについて−>d]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
管理人について
時節
神示の実践編
上つ巻
知識編
辞書



Copyright (c) 2004-2018 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。