■管理人について
・管理人の昔話1
・141020 幻視
・141028 浅間山・草津白根山から皆神山へ
■時節
・141011 日月神示と御嶽山噴火
・141011 エボラと日月神示
・141123 皆神山と長野地震
・20150529 口永良部島噴火と御嶽山
■神示の実践編
・肉食はしない
・朝夕の礼拝を欠かさずに
・低級霊との戦い
・菜食の危険性
・瞑想の方法
・神気を身体に入れる方法
・神懸かりを維持する事の困難さ
・額の目で見る
・お金について
・病気について
■上つ巻
・第一帖(一)
・第二帖 (二)
・第三帖 (三)
・第四帖 (四)
・第五帖 (五)
・第六帖 (六)
・第七帖 (七)
・第八帖 (八)
・第九帖 (九)
・第十帖 (一〇)
・第十一帖 (一一)
・第十二帖 (一二)
・第十三帖 (一三)
・第十四帖 (一四)
・第十五帖 (一五)
・第十六帖 (一六)
・第十七帖 (一七)
・第十八帖 (一八)
・第十九帖 (一九)
・第二十帖 (二〇)
・第二十一帖 (二一)
・第二十二帖 (二二)
・第二十三帖 (二三)
・第二十四帖 (二四)
・第二十五帖 (二五)
・第二十六帖 (二六)
・第二十七帖 (二七)
・第二十八帖 (二八)
・第二十九帖 (二九)
・第三十帖 (三〇)
・第三十一帖 (三一)
■知識編
・日月神示と日ユ同祖論1
・日月神示と日ユ同祖論2
・備蓄について
・霊媒体質について
■辞書
・六ヶ敷い
・洗濯
・大峠
・卍も一十も
・東京
・岩戸
・神の世
・理屈

日月の道〜ひふみ神示〜

第二帖 (二)

親と子であるから、臣民は可愛いから旅の苦をさしてあるのに、苦に負けてよくもここまでおちぶれて仕まうたな。鼠でも三日先のことを知るのに、臣民は一寸先さへ分らぬほどに、よう曇りなされたな、それでも神の国の臣民、天道人を殺さず、食べ物がなくなっても死にはせぬ、ほんのしばらくぞ。木の根でも食うて居れ。闇のあとには夜明け来る。神は見通しざから、心配するな。手柄は千倍万倍にして返すから、人に知れたら帳 引きとなるから、人に知れんやうに、人のため国のため働けよ、それがまことの神の神民ぞ。酒と煙草も勝手に作って暮らせる善き世になる、それまで我慢出来ない臣民沢山ある。早く ⦿(モト)の神の申す通りにせねば、世界を泥の海にせねばならぬから、早うモト 心になりて呉れよ、神頼むぞよ。盲が盲を手を引いて何処へ行く積りやら、気のついた人から、まことの神の入れものになりて呉れよ、悪の楽しみは先に行くほど苦しくなる、神のやり方は先に行くほどだんだんよくなるから、初めは辛いなれど、さきを楽しみに辛抱して呉れよ。配給は配給、統制は統制のやり方、神のやり方は日の光、臣民ばかりでなく、草木も喜ぶやり方ぞ、日の光は神のこころ、稜威ぞ。人の知恵で一つでも善き事したか、何もかも出来損なひばかり、にっちもさっちもならんことにしてゐて、まだ気がつかん、盲には困る困る。救はねばならず、助かる臣民はなく、泥海にするは易いなれど、それでは元の神様にすまず、これだけにこと分けて知らしてあ るに、きかねばまだまだ痛い目をみせねばならん。冬の先が春とは限らんぞ。 ⦿の国を八つに切って殺す悪の計画、 ⦿の国にも外国の臣が居り、外国にも神の子がゐる。岩戸が明けたら一度に分かる。六月の十日、書は、ひつくの神。てんめ御苦労ぞ。


親と子であるから、臣民は可愛いから旅の苦をさしてあるのに、苦に負けてよくもここまでおちぶれて仕まうたな。

神と人はよく、親と子にたとえられます。
日月神示を読んでいくと「親にまつわれよ、まつわるとはまとわりつく事ぞ」と書かれていますね。
堅苦しい礼拝も大切ですが、時には身の回りで起きたことを神様に報告したり、悩み事を相談したりというのもいいでしょう。
日月神示を読み始めると、始めのうち一時は運が悪くなったり、事故に巻き込まれたりと、変なことが起きると言います。
私自身も日月神示に出会ってから10年間、どん底の人生へと転落していきました。
これは、私たちが生まれる前から積んできた業(カルマ)を精算すべく、運勢が大きく動き始める事を意味します。
特に日月神示の元に導かれる人、というのはかなり特殊な人が多く、多くの業を背負っているのだと、日月神示には書かれています。
この業を晴らさないと、神様のお手伝いは到底無理だということ。
なので初めのうちは悪い事が立て続けに起きるようです。

それでも神の国の臣民、天道人を殺さず、食べ物がなくなっても死にはせぬ、ほんのしばらくぞ。木の根でも食うて居れ。

第二次大戦中〜後は食糧が不足し、大変な思いをした人達が沢山いたようです。
日月神示が降ろされ始めたのが昭和19年頃ですから、あと1、2年ほどもすれば戦争が終わり、飢餓状態も終わるぞ、と言っているのでしょう。

手柄は千倍万倍にして返すから、人に知れたら帳 引きとなるから、人に知れんやうに、人のため国のため働けよ、それがまことの神の神民ぞ。

徳には人に見せる陽徳と、見せずに積む陰徳があると言いますね。
陽徳は人に見せることで、自身の名声を上げるために徳が使われてしまうという考えだと私は思っています。
陰徳は人に見られないように積む徳で、名声は上がらないが、天に徳を積むことになる。
人は見ていないが神様はその徳を知っているので、いざという時にその徳を使って助けてもらえるということですね。

早く ?(モト)の神の申す通りにせねば、世界を泥の海にせねばならぬから、早うモト⦿心になりて呉れよ、神頼むぞよ。

日月神示の神様は艮の金神国常立の尊様。
大地の奥底におられる力強い神様で、この世を三角にするも四角にするもたやすい、という。
そんな神様がお動きなされたら世界は泥の海になってしまうということでしょうね。
国常立尊様のみで立て替えを始めるのは簡単だけど、大地震で今の文明は崩壊し多くの死者が出てしまう。
なので、ギリギリまで待って頂き、心ある物達が準備するまで待って下さっている状態ということです。

盲が盲を手を引いて何処へ行く積りやら、気のついた人から、まことの神の入れものになりて呉れよ、

今の政治家達を見れば、宇宙天地の法則を知らず、学や知恵・計算の上でのやり方ばかりでやろうとする。
東大を出た学の優秀な人達は、下の物達の生活なぞ知るよしもない。
そんな人間達が上に立ち世を引っ張っていこうとすればどうなるか。
それは今の日本の乱れっぷりを見れば、もはや語ることもないでしょう。

悪の楽しみは先に行くほど苦しくなる、神のやり方は先に行くほどだんだんよくなるから、初めは辛いなれど、さきを楽しみに辛抱して呉れよ。

悪の楽しみを麻薬にたとえれば話は早いですね。
快楽を求めて麻薬を使ったはいいけれど、強い依存症で体は徐々にむしばまれていく。
神のやり方とは草木を育てるようなやり方で、始めはしんどい穴掘りから始まり、苗を植えて水をかけて・・・倒れそうになれば支えてやって。
けれども次第に大きな木になり、実りをつける。
「悪は苦労に弱いから」とあるように、この道の人達は苦労に負けず努力を続けるような人である必要があるのでしょう。

神のやり方は日の光、臣民ばかりでなく、草木も喜ぶやり方ぞ、日の光は神のこころ、稜威ぞ。

お日様の光は無償で、多くの人達に分け隔たり無く降り注ぐ。
「神は与えっぱなしじゃ」とあるように、神様の政治は「与える政治」。
損得勘定なしに人々に与え続ける事こそ、神の政治の始まるところだと日月神示では説かれています。

救はねばならず、助かる臣民はなく、泥海にするは易いなれど、それでは元の神様にすまず、これだけにこと分けて知らしてあるに、きかねばまだまだ痛い目をみせねばならん。

「これだけにこと分けて知らしてあるに」
日月神示が降ろされる前は、天理・金光・黒住・大本教、と神様が現れて大峠が来ることを世間に説いてきた、とされています。
明治の頃より繰り返し説いてきて、改心しろ、元の神様のやり方に帰れと繰り返し述べてきたが、今の日本の惨状を見てもその言葉が耳に入った者はそれほど多くは無かった。
99%の人が悪に染まりきっている以上、「痛い目をみる」ような出来事がこれから立て続けに起きてくることは、疑う余地もないのでしょう・・・。

冬の先が春とは限らんぞ。 ⦿の国を八つに切って殺す悪の計画、 ⦿の国にも外国の臣が居り、外国にも神の子がゐる。岩戸が明けたら一度に分かる。

最後の時、いわゆる「大峠」の時は、北から外国の部隊が攻めてくると言います。
今なら容易に想像も付きますが、九州方面は中国・朝鮮。北海道方面はロシアでしょう。
その頃国力の落ちているアメリカが到着するまで、日本の国では大虐殺が起きて3500万人ほどまでに人口が減ってしまう、という記述があります。
「残る人三分となるぞ、三分と申せども、二分であるぞ」の記述から考えると、おおよそ20〜30%の間
1億3000万人の人口のうち2割〜3割というと、2600万人〜3900万人の間という感じでしょう。
恐ろしいことですね・・・。
詳しくは「続瑞能神歌」を参考にしてみてください。




<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[第二帖 (二)−>za]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
管理人について
時節
神示の実践編
上つ巻
知識編
辞書



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。