■管理人について
・管理人の昔話1
・141020 幻視
・141028 浅間山・草津白根山から皆神山へ
■時節
・141011 日月神示と御嶽山噴火
・141011 エボラと日月神示
・141123 皆神山と長野地震
・20150529 口永良部島噴火と御嶽山
■神示の実践編
・肉食はしない
・朝夕の礼拝を欠かさずに
・低級霊との戦い
・菜食の危険性
・瞑想の方法
・神気を身体に入れる方法
・神懸かりを維持する事の困難さ
・額の目で見る
・お金について
・病気について
■上つ巻
・第一帖(一)
・第二帖 (二)
・第三帖 (三)
・第四帖 (四)
・第五帖 (五)
・第六帖 (六)
・第七帖 (七)
・第八帖 (八)
・第九帖 (九)
・第十帖 (一〇)
・第十一帖 (一一)
・第十二帖 (一二)
・第十三帖 (一三)
・第十四帖 (一四)
・第十五帖 (一五)
・第十六帖 (一六)
・第十七帖 (一七)
・第十八帖 (一八)
・第十九帖 (一九)
・第二十帖 (二〇)
・第二十一帖 (二一)
・第二十二帖 (二二)
・第二十三帖 (二三)
・第二十四帖 (二四)
・第二十五帖 (二五)
・第二十六帖 (二六)
・第二十七帖 (二七)
・第二十八帖 (二八)
・第二十九帖 (二九)
・第三十帖 (三〇)
・第三十一帖 (三一)
■知識編
・日月神示と日ユ同祖論1
・日月神示と日ユ同祖論2
・備蓄について
・霊媒体質について
■辞書
・六ヶ敷い
・洗濯
・大峠
・卍も一十も
・東京
・岩戸
・神の世
・理屈

日月の道〜ひふみ神示〜

第二十一帖 (二一)

世の元の大神(かみ)の仕組といふものは、神々にも分らん仕組であるぞ、この仕組 分りてはならず分らねばならず、なかなかに六ヶ敷い仕組であるぞ、知らしてやりたいなれど、知らしてならん仕組ぞ。外国がいくら攻めて来るとも、世界の神々がいくら寄せて来るとも、ぎりぎりになりたら神の元の神の神力出して岩戸開いて一つの王で治める神のまことの世に致すのであるから、神は心配ないなれど、ついて来れる臣民少ないから、早う掃除して呉れと申すのぞ、掃除すれば何事も、ハッキリと映りて楽なことになるから、早う神の申すやうして呉れよ。今度はとことはに変らぬ世に致すのざから、世の元の大神でないと分らん仕組ざ。洗濯できた臣民から手柄立てさしてうれしうれしの世に致すから、神が臣民にお礼申すから、一切ごもく捨てて、早う神の申すこと聞いて呉れよ。因縁の身魂は何うしても改心せねばならんのざから、早う改心せよ、おそい改心なかなか六ヶ敷ぞ。神は帳面につける様に何事も見通しざから、神の帳面間違ひないから、神の申す通りに、分らんことも神の申す通りに従ひて呉れよ。初めつらいなれど だんだん分りて来るから、よく言うこと聞いて呉れよ、外国から攻めて来て日本の国丸つぶれといふところで、元の神の神力出して世を建てるから、臣民の心も同じぞ、江戸も昔のやうになるぞ、神の身体から息出来ぬ様にしてゐるが、今に元のままにせなならんことになるぞ。富士から三十里四里離れた所へ祀りて呉れよ、富士にも祀りて呉れよ、富士はいよいよ動くから、それが済むまでは三十里離れた所へ、仮に祀りて置いて呉れよ。富士は神の山ざ、いつ火を噴くか分らんぞ、神は噴かん積りでも、いよいよとなれば噴かなならんことがあるから、それまでは離れた所へ祀りて呉れよ、神はかまはねど、臣民の肉体大切なから、肉体もなくてはならんから、さうして祀りて呉れ。まつりまつり結構。六月の二十八日、ひつ九のか三。


世の元の大神(かみ)の仕組といふものは、神々にも分らん仕組であるぞ、この仕組 分りてはならず分らねばならず、なかなかに六ヶ敷い仕組であるぞ、知らしてやりたいなれど、知らしてならん仕組ぞ。

「一厘の仕組」が発動すると、「九分九厘日本が負けたような状態」から一気に逆転すると言います。
けれどもそれは非常に重要な事で、普通の人はもちろん神々様にも分からないようになっている。
なので、これを知ろうとしても絶対無理なのだということですね。
「分からんということが分かったとき、初めて分かるのぞ」という記述がありましたが、なんとなく分かる気がしますね。

外国がいくら攻めて来るとも、世界の神々がいくら寄せて来るとも、ぎりぎりになりたら神の元の神の神力出して岩戸開いて一つの王で治める神のまことの世に致すのであるから、神は心配ないなれど、ついて来れる臣民少ないから、早う掃除して呉れと申すのぞ、掃除すれば何事も、ハッキリと映りて楽なことになるから、早う神の申すやうして呉れよ。

昔の日本には、大陸から渡ってきたユダヤ教があったのでしょう。
このユダヤ教は巧妙に隠されて今の神道になった。
その名残は至る所に有り、日ユ同祖論の理由となった。
その後、仏教が渡ってきて(日月神示にある5度の岩戸締めの一つに「仏魔渡りてきた時」とある)、キリスト教が渡ってきて、様々な新興宗教が渡ってきて、今の日本の無茶苦茶な状態になってしまった。
けれども最後の時、神道に隠された古代ユダヤ教の教えが皆に分かるときが来る。
そのときに、皆古代ユダヤ教へと帰っていくのでしょう。

ついてこれる人は、あまりいないようです。
そりゃそうですよね、今の世の中では悪い事をした方が徳なんですもん。
悪口言って、悪い事を心にため込んで、悪い行いをした方が幸せになれる「ように」思う。
けれどもそれは宇宙の法則からしてみれば間違いであり、さらなる不運を招くことになる。
これを「巡り」という訳ですね。
巡りとは「業」「カルマ」と同じ意味でしょう。
日月神示に出会い、神様から「こいつは少ししごいても大丈夫かな?」と思われたら、この「巡り」を解消するように運勢が変化していきます。
「この道に導かれると、始めは悪い事が起こるぞ。巡り取っているの分からんか」といった記述がどこかにあったと思いますが、前世より積もり積もった巡りを晴らさないと、神様のご用どころの話ではないのです。

私も実際、日月神示に出会ってから2〜3年後から、大変過酷で精神と肉体を病むような出来事が立て続けに起きて苦しみました。
けれども日月神示に出逢い、悪い事が次々におこるようならば、それは神様から「見込みが有る」と思われているのだと思ってください。

今度はとことはに変らぬ世に致すのざから、世の元の大神でないと分らん仕組ざ。洗濯できた臣民から手柄立てさしてうれしうれしの世に致すから、神が臣民にお礼申すから、一切ごもく捨てて、早う神の申すこと聞いて呉れよ。

この「手柄」というのがどういうものなのかはよく分かりません。
ただ、私が311の地震の後に全国の神社巡りをしていると、奇妙なことが立て続けに起こった経験から、ここでいう「手柄」とは神様の視点から見て岩戸を開く為の「形」をさせて頂けることを「手柄」だと私はとらえました。
人間の視点からではよく分からないのですが、神社巡りとお山巡りは絶対やるべきです。

因縁の身魂は何うしても改心せねばならんのざから、早う改心せよ、おそい改心なかなか六ヶ敷ぞ。

日月神示を読んで強く心が打たれた人は「因縁の身魂」です。
一般の人は「なんだこの怪しい書物は」程度にしか思わないでしょう。
私は1999年頃に日月神示に出会って強く心打たれ、四つ足食をこの時期から絶ちましたが、非常に苦心しました。
少しずつ肉食の量を減らしていけばあれほど苦しまずに済んだかもしれません。
そういう意味で、大峠がやってきて食べ物一切を引き上げられてしまった際、今まで暴飲暴食してきたような人達は、到底耐えられず「共食い」してしまうような悲惨な出来事が生じてしまうでしょう。

それに神様は「苦しいときの神頼み、それでは神も手が出せぬ」とあるように、大変なことが起こってから神様に願っても、それは手助けできないぞ、筋が通っていないぞ、といわれている訳です。
なので私たちは平常時の幸せを神様に感謝し、朝夕の礼拝を行い神と語らい、休日は神社やお山巡りて神様にご挨拶をしなければならないのです。

外国から攻めて来て日本の国丸つぶれといふところで、元の神の神力出して世を建てるから、臣民の心も同じぞ、江戸も昔のやうになるぞ、神の身体から息出来ぬ様にしてゐるが、今に元のままにせなならんことになるぞ。

今は中国やロシア・北朝鮮や韓国が日本を狙って進軍を開始しようとしている状態ですね。
信天翁の記述では、北海道からロシアが進軍してくる記述が有りますが、同時に九州や能登半島からは中国・朝鮮軍が攻め込んでくる。
南からはアメリカが援軍に来るが、「哀れ崩るや星条旗」とあるように、その抵抗も虚しく日本は殺戮の場と化してしまう、と書かれている。
「残るは3500万」と有るから、三分の一になるほどの殺戮が起きるようですね。

江戸も昔のやう、とありますが、江戸時代の事ではないかもしれませんね。
3000年の昔に帰すぞ、とありますからね。
神の身体とは日本の国土のことで、これを「息出来ぬように」ということは、アスファルトやコンクリートで舗装している状態を意味しています。
日月神示が降ろされた昭和19年頃も、車が通るために整地したりはあったでしょうが、その頃と今とでは比べるまでもないですね。
なので、この記述は今の日本の状態に警告をならしているのでしょう。

富士から三十里四里離れた所へ祀りて呉れよ、富士にも祀りて呉れよ、富士はいよいよ動くから、それが済むまでは三十里離れた所へ、仮に祀りて置いて呉れよ。富士は神の山ざ、いつ火を噴くか分らんぞ、神は噴かん積りでも、いよいよとなれば噴かなならんことがあるから、それまでは離れた所へ祀りて呉れよ、神はかまはねど、臣民の肉体大切なから、肉体もなくてはならんから、さうして祀りて呉れ。まつりまつり結構。

実を言うと、富士山から約30里ほど離れた場所が「御嶽山」です。
ここは元々、国常立の尊が祭られている山で、こここそ「富士」と言えるのでは無いか?と私は今回の噴火で思っている訳です。
まぁこの辺はこれからの状況を見て要研究ですね・・・。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[第二十一帖 (二一)−>za]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
管理人について
時節
神示の実践編
上つ巻
知識編
辞書



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。