■管理人について
・管理人の昔話1
・141020 幻視
・141028 浅間山・草津白根山から皆神山へ
・180709 ソーラーパネルと夢見
・180721 カジノ法案と日月神示
・180725 日月神示とその続編やらなんやら
・180725 上から下から読みまくれ!
・180725 日月神示と移民
・180917 日月神示と出会いと人生の変化
・180917 慢心は徹底的に折られる
・180917 この道に入ると人生は地獄になる
■時節
・141011 日月神示と御嶽山噴火
・141011 エボラと日月神示
・141123 皆神山と長野地震
・20150529 口永良部島噴火と御嶽山
・180708 大本教と出口と麻原彰晃
・180709 大雨と泥海と今回の洪水と管理人と原発について
・180915 海洋プラスチック汚染について
・180915 スーパーボランティア尾畠春夫さん
・180917 北からくぞと北海道胆振東部地震
・180917 日月神示と登山と三前年前
・180917 悪はもう隠れる所が無くなった
・180921 大峠の時期の推測
■神示の実践編
・肉食はしない
・朝夕の礼拝を欠かさずに
・低級霊との戦い
・菜食の危険性
・瞑想の方法
・神気を身体に入れる方法
・神懸かりを維持する事の困難さ
・額の目で見る
・お金について
・病気について
・180922 ひふみ神示と肉食と菜食
■上つ巻
・第一帖(一)
・第二帖 (二)
・第三帖 (三)
・第四帖 (四)
・第五帖 (五)
・第六帖 (六)
・第七帖 (七)
・第八帖 (八)
・第九帖 (九)
・第十帖 (一〇)
・第十一帖 (一一)
・第十二帖 (一二)
・第十三帖 (一三)
・第十四帖 (一四)
・第十五帖 (一五)
・第十六帖 (一六)
・第十七帖 (一七)
・第十八帖 (一八)
・第十九帖 (一九)
・第二十帖 (二〇)
・第二十一帖 (二一)
・第二十二帖 (二二)
・第二十三帖 (二三)
・第二十四帖 (二四)
・第二十五帖 (二五)
・第二十六帖 (二六)
・第二十七帖 (二七)
・第二十八帖 (二八)
・第二十九帖 (二九)
・第三十帖 (三〇)
・第三十一帖 (三一)
■知識編
・日月神示と日ユ同祖論1
・日月神示と日ユ同祖論2
・備蓄について
・霊媒体質について
・サバイバルについて
・サバイバル動画
・日月神示と併せて読んでおくべき書物
■辞書
・六ヶ敷い
・洗濯
・大峠
・卍も一十も
・東京
・岩戸
・神の世
・理屈

日月の道〜ひふみ神示〜

第二十七帖 (二七)

何もかも世の元から仕組みてあるから神の申すところへ行けよ。元の仕組は富士(二二)ぞ、次の仕組はウシトラ三十里四里、次の仕組の山に行きて開いて呉れよ、今は分るまいが、やがて結構なことになるのざから、行きて神祀りて開いて呉れよ、細かく知らしてやりたいなれど、それでは臣民の手柄なくなるから、臣民は子ざから、子に手柄さして親から御礼申すぞ。行けば何もかも善くなる様に、昔からの仕組してあるから、何事も物差しで測った様に行くぞ。天地がうなるぞ、上下引繰り返るぞ。悪の仕組にみなの臣民だまされてゐるが、もう直ぐ目さめるぞ、目さめたらたづねてござれ、この神のもとへ来てきけば、何でも分かる様に神示で知らしておくぞ。秋立ちたら淋しくなるぞ、淋しくなりたらたづねてござれ、我(が)を張ってゐると、いつまでも分らずに苦しむばかりぞ。この神示も身魂により何んなにでも、とれるやうに書いておくから、取り違ひせんやうにして呉れ、三柱と七柱揃うたら山に行けよ。七月一日、ひつくのか三。


何もかも世の元から仕組みてあるから神の申すところへ行けよ。元の仕組は富士(二二)ぞ、次の仕組はウシトラ三十里四里、次の仕組の山に行きて開いて呉れよ、今は分るまいが、やがて結構なことになるのざから、行きて神祀りて開いて呉れよ、細かく知らしてやりたいなれど、それでは臣民の手柄なくなるから、臣民は子ざから、子に手柄さして親から御礼申すぞ。

ここでいう「富士」が富士山の事だとするならば、東京の少し上あたりでしょうか。
ただ、日月神示で言う「富士」というのは富士山ばかりではない、と書いてあるので、難しいところですね。

天地がうなるぞ、上下引繰り返るぞ。悪の仕組にみなの臣民だまされてゐるが、もう直ぐ目さめるぞ、目さめたらたづねてござれ、この神のもとへ来てきけば、何でも分かる様に神示で知らしておくぞ。秋立ちたら淋しくなるぞ、淋しくなりたらたづねてござれ、我(が)を張ってゐると、いつまでも分らずに苦しむばかりぞ。

悪の仕組とは、拝金主義の今の世の中のやり方。
けれども、金の世はもう終わる、と日月神示には書かれています。
お金が価値を失うような出来事が生じた時こそ、「目さめる」時といえるでしょう。
もしもそういった時が来たら、神様の元へ行けと書いてある訳です。
神様は日本の山々にお祭りされているのですから、私たちは山へ向かわなければならないわけですね。
なので私は数年前から登山を始めています。

秋立ちたら、というのは季節の秋とは限らないようです。
春〜秋は恵まれていて順調な状態を意味するが、秋〜冬はどことなくもの悲しく、厳しい季節。
世の中の状態をこの秋〜冬の季節に照らし、今まで順調であった経済や政治が終わっていくような、そんな状態になってきたら、神様の元へと訪ねて来いよと書いてあるのですね。

我(が)を張ってゐると、いつまでも分らずに苦しむばかりぞ。

結局、神示を読まず自分の考えだけでやろうとすれば、物事は悪い方にばかり行ってしまう。
日月神示では「役員さえ(神示)読んでいないではないか」とか、「神示そらで言えるくらいの人を作っておかねばならんぞ」といった風に、繰り返し神示を読むよう書かれています。

この神示も身魂により何んなにでも、とれるやうに書いておくから、取り違ひせんやうにして呉れ、

このサイトでは私の独断と偏見の解説を書いてあります(笑)
まぁ間違ってることも多いでしょうが、許してください。
これも私の行と思ってやっているので・・・。

三柱と七柱揃うたら山に行けよ。

10人必要なんでしょうか?
私はずっとひとりぼっちなんで、とりあえずは一人で山巡りしますよ・・・。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[第二十七帖 (二七)−>za]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
管理人について
時節
神示の実践編
上つ巻
知識編
辞書



Copyright (c) 2004-2018 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。