■管理人について
・管理人の昔話1
・141020 幻視
・141028 浅間山・草津白根山から皆神山へ
■時節
・141011 日月神示と御嶽山噴火
・141011 エボラと日月神示
・141123 皆神山と長野地震
・20150529 口永良部島噴火と御嶽山
■神示の実践編
・肉食はしない
・朝夕の礼拝を欠かさずに
・低級霊との戦い
・菜食の危険性
・瞑想の方法
・神気を身体に入れる方法
・神懸かりを維持する事の困難さ
・額の目で見る
・お金について
・病気について
■上つ巻
・第一帖(一)
・第二帖 (二)
・第三帖 (三)
・第四帖 (四)
・第五帖 (五)
・第六帖 (六)
・第七帖 (七)
・第八帖 (八)
・第九帖 (九)
・第十帖 (一〇)
・第十一帖 (一一)
・第十二帖 (一二)
・第十三帖 (一三)
・第十四帖 (一四)
・第十五帖 (一五)
・第十六帖 (一六)
・第十七帖 (一七)
・第十八帖 (一八)
・第十九帖 (一九)
・第二十帖 (二〇)
・第二十一帖 (二一)
・第二十二帖 (二二)
・第二十三帖 (二三)
・第二十四帖 (二四)
・第二十五帖 (二五)
・第二十六帖 (二六)
・第二十七帖 (二七)
・第二十八帖 (二八)
・第二十九帖 (二九)
・第三十帖 (三〇)
・第三十一帖 (三一)
■知識編
・日月神示と日ユ同祖論1
・日月神示と日ユ同祖論2
・備蓄について
・霊媒体質について
■辞書
・六ヶ敷い
・洗濯
・大峠
・卍も一十も
・東京
・岩戸
・神の世
・理屈

日月の道〜ひふみ神示〜

第四帖 (四)

  第四帖 (四)
 急ぐなれど、臣民なかなかに言ふこときかぬから、言ふこときかねば、きく様にしてきかす。神には何もかも出来てゐるが、臣民まだ眼覚めぬか、金(かね)のいらぬ楽の世になるぞ。早く神祀りて呉れよ、神祀らねば何も出来ぬぞ。表の裏は裏、裏の裏がある世ぞ。神をだしにして、今の上の人がゐるから、神の力出ないのぞ。お上に大神を祀りて政事(まつりごと)をせねば治まらん。この神をまつるのは、みはらし台ぞ、富士みはらし台ぞ、早く祀りてみつげを世に広めて呉れよ。早く知らさねば日本がつぶれる様なことになるから、早う祀りて神の申す様にして呉れ。神急けるよ。上ばかりよくてもならぬ、下ばかりよくてもならぬ、上下揃ふたよき世が神の世ぞ。卍も一十もあてにならぬ、世界中一つになりて ⦿の国に寄せて来るぞ。それなのに今のやり方でよいと思うてゐるのか、分らねば神にたづねて政事(まつりごと)せねばならぬと云ふことまだ分らぬか。神と人とが交流(まつり)合はしてこの世のことが、さしてあるのぞ。人がきかねば神ばかりで始めるぞ。神ばかりで洗濯するのは早いなれど、それでは臣民が可哀そうなから、臣民みなやり直さねばならぬから、気をつけてゐるのに何してゐるのざ、いつ何んなことあっても知らんぞ、神祭第一、神祭結構。二三の木ノ花咲耶姫の神様を祀りて呉れよ。コハナサクヤ姫様も祀りて呉れよ。六月十三の日、ひつくのか三。


急ぐなれど、臣民なかなかに言ふこときかぬから、言ふこときかねば、きく様にしてきかす。

この道に入ると、かなり不思議なことが起きるようになります。
私は施設管理を担当していたのですが、機械が壊れるのを未然に察知したり、なんでこんなタイミング良く壊れた在庫があるんだ・・・?というような不思議なケースが多々ありました。
ただ、そういった事があったのは日月神示を毎日読んで、きちんと礼拝していた頃で、あまりにも忙しくなって日月神示を読むゆとりも無くなってくると、自然とそういったことは無くなっていきました。
神示から離れると、物事が上手くいかなくなってくるのですねぇ。

お上に大神を祀りて政事(まつりごと)をせねば治まらん。この神をまつるのは、みはらし台ぞ、富士みはらし台ぞ、早く祀りてみつげを世に広めて呉れよ。

私はこの記述を読んで、[あぁ富士山にお祭りすればいいのかなぁ]なんて思ってたんですよね。
けれど、富士見晴台なんだから、よく考えてみれば富士山を見晴らせる場所にお祭りするべき難でしょう。
私はここで、最近噴火した御嶽山を思い浮かべたりしました。

早く祀りてみつげを世に広めて呉れよ。

みつげ、は人に貢ぐこと。太陽の光と同じく、無償で他者にあげると言うことでしょう。
人が楽になるように施したり、他者の助けになるようなことをするような生き方をしろという意味もあるかもしれませんね。

卍も一十もあてにならぬ、世界中一つになりて⦿の国に寄せて来るぞ。

卍はドイツ、一十はイタリア。要するに第二次世界大戦で、イタリアとドイツが降伏した後、全世界が日本に向けて攻め寄せてくるぞ、という意味でしょう。

神と人とが交流(まつり)合はしてこの世のことが、さしてあるのぞ。人がきかねば神ばかりで始めるぞ。神ばかりで洗濯するのは早いなれど、それでは臣民が可哀そうなから、臣民みなやり直さねばならぬから、気をつけてゐるのに何してゐるのざ、いつ何んなことあっても知らんぞ、神祭第一、神祭結構。

艮の金神、国常立の尊様は大地の神様ですから、この神様が動くと火山は噴火し、大地は裂けて、あちこちは泥海となる。
311で起きたような大津波があちこちに押し寄せ、この世は地獄の有様となる。
それもこれも、悪になりきった今の世の中の人々を改心させるためには仕方ないことなのでしょうが、あまりにも皆の汚れがひどいので、このままだと生き残る人はわずか、というような事態になってしまうのでしょうね。

二三の木ノ花咲耶姫の神様を祀りて呉れよ。コハナサクヤ姫様も祀りて呉れよ。

これはすいません、よく分かりません。
木ノ花咲耶姫は富士山を象徴とする神様ですね。
日月神示を読み進めていくと、何故か神様の名前が漢字とカタカナで示してあるのです。
どんな神にも裏表、と書かれているように、表の姿と真の姿があるのかもしれません。
まだまだ研究の余地がありますねぇ。
<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[第四帖 (四)−>za]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
管理人について
時節
神示の実践編
上つ巻
知識編
辞書



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。